行政書士 田中法務事務所

最近のエントリー
RECENT COMMENT
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
Bluejet UV EXPERT SPF50+/PA+++
ひと、美しさ、澄みわたる。DACCO
グリーンカード取得代行
ほめあげ商法
こんにちは。越谷市の行政書士、田中です。

今日は雨ですね。
木々の鮮やかな緑が一段ときれいに見えます。
まさに「新緑」の季節です。

さて、今日は新手の詐欺情報です。
「ほめあげ商法」というものですがご存知でしょうか。
これは主に高齢者をターゲットにして、高齢者が趣味で取り組んでいる絵画、短歌、俳句などを褒めちぎって、掲載料名目でお金を請求するものです。
なかには掲載物自体が存在しない詐欺被害も多いようです。
手口は広告会社を名乗り電話をかけてきます。
その後、作品をほめちぎったあと、「画集にしませんか」などともちかけてきて、あとからお金を請求するようです。
被害額は平均で30万円程度ですが、なかには400万円もの被害にあった方もいます。

高齢化に伴い、このように巧妙な手口の詐欺も増えてきますね。
金額も微妙な金額で、数十万円だったら出してしまいそうな金額です。
しかし、一度支払ったら終わりです。
また請求されます。
支払う前に国民生活センター、消費生活支援センターなどへ相談するといいです。
ぜひ、この新手の手口・対処法をまわりの高齢者の方に教えてあげて下さい。





特定商取引法の改正
こんばんは。越谷市の行政書士、田中です。

昨日は行政書士会の研修会がありました。
テーマは昨年の12月に改正された特定商取引法についてです。
特定商取引とは訪問販売や通信販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法等)、特定継続的役務提供(エステの契約や英会話の契約等)などをいいいます。
そして、特定商取引法とはこれらの販売を規制し、消費者を守るための法律です。

今までは、訪問販売、通信販売、電話勧誘販売に関する規定については、政令で定める指定商品や指定役務、指定権利だけが規制の対象になっていましたが、今回の改正によって、原則として全ての商品・役務が対象になったので、今までクーリングオフの対象外であったものもクーリングオフできることとなりました。
但し、下記のように適用除外があります(適用除外の一部です)。
・すでに他の法律で消費者保護が適切に図られているもの(宅建業法、金融商品取引法など)
・乗用自動車
・化粧品・健康食品などのいわゆる消耗品で使用または一部消費したなど

クーリングオフの期間は8日ですが、契約書面を交付していない場合は、この期間が留保され、契約書面が交付されるまではクーリングオフができることになります。
また、契約書面も法で定められた事項が記載されていなければ不備となり、クーリングオフの起算日が始まらないので、契約締結より8日を過ぎても解約できることになります。

「執拗な勧誘で何かを契約してしまった場合」、「契約内容が違った場合」などは、早めに対処(契約の解除等)しなければなりません。分からないことがあれば消費者センターなどに相談するのがいいですね。
もちろん、田中事務所への相談もお受けしています。

また、販売業者から見れば、ルールを守り、正当な方法で取引をしないと、どんなにいいサービスや商品でも悪徳業者呼ばわりされかねません。
よく法律を確認し、正当な契約書を作成するのが大事です。

特定商取引法については経済産業省からこんなパンフレットも出ています
特商法






▲PAGE TOP