行政書士 田中法務事務所

最近のエントリー
RECENT COMMENT
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
Bluejet UV EXPERT SPF50+/PA+++
ひと、美しさ、澄みわたる。DACCO
グリーンカード取得代行
婚外子の相続分差別
こんにちは。越谷市の行政書士、田中です。

婚外子(非嫡出子)の相続分について

非嫡出子(結婚していない男女の子)の相続分は、嫡出子(結婚している男女の子)の半分とする民法の規定をめぐり、大阪高裁が「法の下の平等」を定めた憲法に違反するとした決定を出していたのですね。
朝日新聞のニュースです。

婚外子の相続差別については1995年に最高裁で差別は合憲(憲法に違反しない)と決定が出ていましたが、その後、十数年の時が経過し、裁判所の意見(理由)は「家族生活や親子関係の実態が変化し、国民の意識も多様化している」とのこと。

たしかにその通りだと思います。
時代の変化とともに家族に対する考え方も変化していますし、様々な実態があります。
しかし、法は婚姻制度の維持を重視していますから、高裁決定ですがこのような決定がでたのには驚きました。

今後が気になります。




コメント
ほんと気になりますね。
過去の相続を受けた人が自分の権利を主張するかもしれませんね。
from: koiwa   2011/10/05 8:08 AM
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.tanakayuka-office.com/trackback/131797

▲PAGE TOP