行政書士 田中法務事務所

最近のエントリー
RECENT COMMENT
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
Bluejet UV EXPERT SPF50+/PA+++
ひと、美しさ、澄みわたる。DACCO
グリーンカード取得代行
選挙権と後見制度
こんばんは。越谷市の行政書士、田中です。

先日、東京地裁で後見制度に関する裁判がありました。
それは、後見人がつくと選挙権が失われるという事に対するものです。

知的障害がある女性が、成年後見人がついたため選挙権を失い、国に選挙権の確認を求めた訴訟でしたが、
東京地裁は、「後見人がつくと選挙権が自動的に失われるとした公職選挙法の規定は違憲である」との判断をしました。

成年後見人がついても、判断能力の程度は人によりますし、
財産管理は難しくても、選挙権を行使することとは関係ないように思います。
成年後見制度の基本理念である、「自己決定の尊重」、「残存する能力の活用」、「ノーマライゼーション」からみても、妥当な判決ではないでしょうか。

成年後見制度は禁治産制度にかわり、2000年に出来た制度ですが、
まだまだ改正が必要に思います。
利用者が10万人を超えている制度ですので、
より良い制度になっていくことに期待したいです。

コメント
私も新聞記事を読んで先生の思いに共鳴しました。私なりに考えましたのが中央選挙管理会の職務に公選法11条にただし書きとして成年被後見人については別途審査することとするくらいの考慮が欲しいなとおもいました。国政への参加権は人権として重みのあることとおもいますね。
from: 金田勝治   2013/03/20 5:52 PM
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.tanakayuka-office.com/trackback/158876

▲PAGE TOP